稲足神社(いなたりじんじゃ) 
東京都江東区亀戸3-57-22


稲足神社は亀戸の香取神社のなかにある小さな稲荷神社です。

P9030005
香取神社の正面

香取神社を正面から入り、境内を社に向かっていくと、右側に小さな社が並んでいます。

P9030004
香取神社内を横に並ぶ小さな神社群

P9030001
その中のひとつに稲足神社があります。

P9030002
少し近づいてみました。

P9030003
稲足神社の由来版です。

御祭神:面足神 (おもだるのかみ)
惶根神 (かしこねのかみ)
相殿に 金山毘古神 (かなやまひこのかみ)
宇賀御魂神 (うがのみたまのかみ)
例祭日:9月15日
御由緒:寛文9年(1670)創立。明治以前は普門院の主管であったが、明治元年香取神社の奉仕となる。明治35年香取神社隣接地に所在していたが境内に 移転。琴平神社は宝暦年間香取12代神職香取正幸の鎮祭する処で、稲足神社は元渡辺稲荷神社と称え明治12年当社に合祀。
御神徳:産業発展・家運隆昌

(2010年9月3日)