津軽稲荷神社(つがるいなりじんじゃ) 墨田区錦糸1−6−12

P9010116

青森県弘前城主津軽四郎為信十万石の下屋敷にあったので、津軽稲荷といいます。

一万坪は明治43年の大水害と共に払い下げられ、太平町一丁目町会の所有となりました。昭和7年に町名変更で錦糸一丁目町会の守護神となります。

祭神は伏見稲荷神社の分神です。町民の信仰は厚く、大正12年の関東大震災や昭和20年の戦災のために焼失しましたが、昭和35年に拝殿と社務所会館が再建され、落成しました。鳥居は明治百年を記念して昭和44年再建されたものです。

P9010115
正面から

P9010114
津軽稲荷神社の由来紹介

P9010117
外から見た津軽稲荷神社

P9010118
正面に向って右側には弁財天もあります。

P9010119
小さな池を渡る橋を通って弁財天へ

P9010120
弁財天の正面

P9010121
一対の狐

P9010122
津軽稲荷神社全体の風景

(2010年9月1日)